WILLCOM NEWS RSS READER

データ取得に失敗しました
【バリ5!】
当サイトの今後について
皆さんお久しぶりぶりデス、あるかでぃあデス。 (=゚ω゚)ノ 今年はたくさん更新するよ!とか宣言しておきながら3ヶ月も放置していますが、ひとまずこれまでの放置の経緯と今後の運営方針などをお伝えしておきたいと思います。 まず放置の理由ですが、単に...
akomktyr!
  あけまして おっぱい! おっぱい! ( ゚∀゚)o彡゜ 新年早々の地雷初めとさせて頂きました♪ 昨年は【バリ5!】もあまり更新出来ませんでしたが、今年はもうちょっと更新頻度を上げていきたいかも。あ、地雷多めでw (´∀`) ともあれ...
ダンボーバッテリー完全版
オレのダンボー好きも困ったモンで、ダンボーグッズを見つけるとなんでもかんでも買ってしまうんですが、そんなオレにまた罠が! (´∀`) ダンボーバッテリーに 手のひらサイズの 小型版「Power Plus DANBOARD version -mini-」が登場 〜目が光る ギミックつき (...
ピッチは続くよどこまでも
リンク先はPDFです。ご注意下さい。 合併に関する 基本合意書締結の お知らせ (WILLCOM) ついにこの時がやって参りましたなぁ。まあ多くは語りません。WILLCOMがEMOBILEに吸収合併される。ただそれだけの事です。 個人的には何の感慨もなく。『ふーんそうな...
5s!
  iPhone 5s げっとぉ〜♪ (σ´∀`)σ 新世代iPhone来たぜ! 発売当初から欲しいなぁと思いつつも、長期予約待ち状態がずっと続いていてお店に予約しに行くのもめんどくさいなぁと思っていたら、ズルズルと11月に入ってしまいまして。 5のバッテリ...





ケータイ Watch
スマートスピーカー「Clova WAVE」、赤外線で照明のON/OFF
 LINEは、スマートスピーカー「Clova WAVE」で、新たに照明を操作できる機能を追加した。
「白戸家CM」が映画に、10年分のCMを60分に凝縮
 ソフトバンクは、CMシリーズ「白戸家」の劇場版「白戸家の10年 the CMovie」を全国7カ所の映画館で12月9日より公開する。鑑賞料金は一律1000円。
ドコモの「Xperia XZs SO-03J」が端末購入サポート対象に、MNPで1万5552円
 NTTドコモは、「端末購入サポート」の対象機種に、「Xperia XZs SO-03J」を追加した。ドコモオンラインショップでは、MNP購入時で一括1万5552円(税込)で販売される。
「ZenFone 4 Pro」ミニレビュー(編集部石井) 安心して使えるハイスペックだが、“もう一押し”が欲しい
 「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」は、ASUS製のAndroid 7.1.1搭載スマートフォン。光学2倍ズームのデュアルカメラやハイレゾ再生機能などを搭載、国内3キャリアのネットワークをサポートする。ケータイ Watch 編集部スタッフの視点から「ZenFone 4 Pro」を紹介する。
ファーウェイの「MediaPad T1 7.0 LTE」でソフト更新
 ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidタブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」向けに最新のソフトウェアの提供を開始した。約1カ月で全てのユーザーが更新できるようになる。
ITmedia Mobile 最新記事一覧
“ソニエリ”初号機! 着せかえケータイ「C1002S」(懐かしのケータイ)
ソニーとエリクソンの合弁会社として生まれた「ソニー・エリクソン」(現在は合弁解消済み)。統合後初めての新製品として登場した「C1002S」は、旧・ソニーの看板機能である「ジョグダイヤル」を搭載。背面パネルを交換できる着せかえケータイでした。
nuroモバイルが引き続き好調! 夕方はBIGLOBEモバイルが良好――「格安SIM」17サービスの実効速度を比較(ドコモ回線10月編)
格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。本企画では、主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2017年10月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。
「Xperia XZ1」発売、総合ランキングのiPhone独占を崩す
「iPhone X」発売後2回目の総合ランキング、au「iPhone X(256GB)」がトップに。しかし「Xperia XZ1 SOV36」と「HUAWEI P10 lite」が食い込み、iPhone勢のトップ10独占はならなかった。
Spigen、8周年記念イベントで日替わりタイムセール開催 人気アクセサリーをラインアップ
Spigen Japanの8周年を記念した「Spigenジャパン8周年記念イベント」が開催される。同社の公式ストアで日替わりタイムセールを行うという。
BIGLOBEモバイルで「iPhone 6s」「iPhone SE」販売開始
ビッグローブは、MVNOサービス「BIGLOBEモバイル」で「iPhone 6s」「iPhone SE」を販売開始。まずはau回線の「タイプA」で提供し、利用料金は音声通話付き6ギガバイトプラン/特典適用時で2800円(税別)から。
ITmedia PC USER 最新記事一覧
AMDの勢いは止まらない! 「AMD FAN DAY FESTIVAL」は大盛況
AMDファンに向けたユーザーイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」が秋葉原UDXで行われ、会場は“元気なAMD”を歓迎するファンの熱気に包まれた。
AMD FAN DAY FESTIVAL連動でRyzenの狙い目度がアップ
土曜日開催のAMDイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」の連動もあり、今週末はRyzen関連で狙い目の特価セールが目立っている。ストレージ特価とともに注目したい。
日本HP、実質10万円を切るLTE内蔵PCからセラミックカラーのプレミアムノートPCまで一斉投入
日本HPが、ビジネス向けと個人向けのプレミアムPCを発表、11月17日から順次発売する。
スマホにかぶせ置きして使えるボリュームつまみ型スピーカー
ドスパラは、スマートフォンの上に置いて使えるボリュームつまみ型デザインのスピーカー「DN-915200」の販売を開始した。
オンキヨー、バッテリー耐久性を高めたAtom搭載8型Windowsタブレット
オンキヨーは、1280×800ピクセル表示対応の8型液晶を備えたWindowsタブレットPC「TW08A-87Z8」を発売する。
データ取得に失敗しました
Engadget Japanese RSS Feed
遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた
2017年はスマートスピーカー元年とも呼ばれ、LINEの「Clova WAVE」やGoogleの「Google Home」をはじめとした様々なスマートスピーカーが発売されており話題を集めている。去る11月8日には、Amazonからも人工知能Alexaを搭載するスマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」が新たに発表され、11月15日より販売が開始された。なお同シリーズは現在、招待された場合のみ購入が可能となっており、Amazonの商品ページより購入リクエストの送信が可能となっている。 日本市場においては、 LINEとGoogleの 2社のスマートスピーカーが先行する中、満を持して発売となったAmazon Echoシリーズ。現時点では、通常のサイズでメインストリームとなる「Amazon Echo」と、小型でかつ廉価に仕上がっている「Amazon Echo Dot」、そして大型でスマートホームハブ機能を有する「Amazon Echo Plus」の3機種がラインナップされており、価格はそれぞれ「Amazon Echo」(税込1万1980円)、「Amazon Echo Dot」(同5980円)、「Amazon Echo Plus」(同1万7980円)となる。 筆者は、シリーズの中では一般に普及すると思われる「Amazon Echo」を購入したので、ファーストインプレッションや他社スマートスピーカーとの使用感の相違を中心にご紹介する。 ▲一見大きそうに見える「Amazon Echo」も手にしてみると意外にそうでもない 円筒形の外観ゆえか、一見巨大にも錯覚しがちなAmazon Echo。本体のサイズはそれぞれ148 x 88 x 88 mmに収まっておりイメージほどの大きさには感じない。しかしながら、重量は約821gと片手で持つには若干ずっしりする印象だ。小型・廉価モデルのAmazon Echo Dotでは、約163gに収まっているので、Amazon EchoやEcho Plusはどちらかと言えば据え置き型といった使い方がベストだろう。(本当に持ち歩くかは別として...) ▲電源供給は同軸ケーブル経由で行うため、持ち運びは困難 電源供給は付属する21W出力のACアダプタ経由で行う影響で、使用にはコンセントがほぼ必須となる。デジタルガジェットが多い筆者のタイプの様な人間的にはある意味悩みの種であるが、一般家庭のリビングに設置すると想定すれば、この制約はあまり苦にはならないだろう。 ▲本体上部に各種の操作系統が集約されている 上部には4つの操作系統と7つもの集音マイクが設置されている。その為マイクの精度は非常に良好で、筆者が所有する「Google Home」「Google Home mini」「Clova WAVE」の3機種と比較しても最も声を良く認識してくれた。また、操作系統として注目したいのが写真では右側にあるボタンの存在である。このボタンを押すことでAmazon Echoが自動的に「聞く体勢」となり、そのまま音声コマンドを入力することが可能となるのだ。 Amazon Echoシリーズの場合、基本的には「Alexa(アレクサ)」と話しかけることで、この機能を読み出すことが可能であるが、手に届くほどの近距離で使用する場合はいちいち声で呼び出すのは面倒なハズだ。こういった時にはこのボタンが非常に役に立つので、頭に入れておくと便利に使えるだろう。 ▲Amazon Echoシリーズの特徴のひとつである「スキル」 Amazon Echoは、主にパートナー企業が提供する追加機能を「スキル」としてユーザーが任意に追加する機能を有している。Google Homeでは自動で更新され、Clova WAVEではスマートフォン向けアプリケーションを更新することで機能を追加していくのに対して、Amazon Echoでは「Amazon Alexa」アプリ上で「スキル」と呼ばれる追加機能を適用させることで、パートナー企業が提供する各種機能の利用が可能となる。これは、スマートフォンにアプリケーションを追加するのと同様であると考えれば仕組みを理解しやすい。 スキルを手動で追加しなければならないと言う点を「カスタマイズ性に富む」と評するか「追加が面倒」と評するかによってこの機能に対する印象が大きく変わりそうではあるが、筆者としては前者と受け止めて評価したい。スキルは発表会時点でも100社以上から265種類が公開されているが、今後も様々なスキルを追加していく模様で、新たなスキルの登場にも期待していきたいところだ。 ▲プライム会員であれば、Amazon Echoから商品の注文も可能になった ▲注文時に確認コードを読み上げる設定も付加できるが、聞かれてしまっては意味がない。 説明は無用かもしれないが、Amazonはネットでの通販事業を主軸のひとつとしている。その為、Amazon Echoシリーズの特徴としてAmazon Echoから直接Amazonで販売されている商品を購入することが可能となっていることが挙げられる。「Alexa, コーラを注文」と声をかけると、Amazonで販売されている商品を検索して候補として挙げてくれるのは非常に便利だ。 Amazon Echoとの会話は全てAmazon Alexaアプリ上で視覚的に確認することができるので、音声で商品を調べてアプリで確認して購入と言う流れも充分に可能だ。無論、1-Click注文の設定がなされていれば、音声のみでの注文も可能である。なおこの場合、決済手段は1-Click注文で設定されている決済手段に基づくので、事前に設定を確認してから購入すると良いだろう。 ▲音声コマンドは各種取り揃っているが問題も抱えている。 発売直後の段階でのAlexaの応答精度は、残念ながらあまり良好とは言えず多くの改善点を抱えている。発音自体は若干硬い印象は受けるものの自然と言えるレベルだが、テキストの読み上げ性能に難がある状態だ。例えば、ネイティプ風だがちょっとおかしい英単語の発音や、漢字の読み間違いが非常に気になるのが現状で、この点は改善を求めたいところだ。 ▲チェーン店舗の場合、店舗名を認識してくれない 現状、アシスタント機能として最も致命的に感じているのが、スポット検索機能の甘さだ。特に、複数の店舗を構えるチェーン店の情報を尋ねる場合には特に顕著に甘さが現れる。例えば、筆者がよく訪れる「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店」の情報を尋ねたところ、「ヨドバシカメラ 錦糸町店」の情報が案内された。これは、筆者の自宅から最寄りの「ヨドバシカメラ」の情報であり、Alexaが店舗名を正しく認識できなかったことを意味する。 Alexaは、尋ねたスポットの「住所」、「電話番号」、「営業時間」の3つの情報をユーザーに対して提供してくれる。上の写真にもある通りではあるのだが、住所の表記順番が英文調となっており、日本人がこれを耳にすると非常に違和感を覚える。なお、先にも述べた通り漢字の読みもやや甘い状態となっているため、アプリケーションで表示された結果を見ずにAmazon Echoからの音声だけで情報を覚えるのは現状困難であるように感じる。この点については、今後の改善とその後の進化に期待していきたい。 ▲ちなみに、外装は自由に交換することが可能となっている 海外では、"元祖"スマートスピーカーのボジションに立ち、日本での投入が長らく待たれていた「Amazon Echo」が遂に発売となり、「Clova WAVE」「Google Home」に続いて三つ巴状態の様相を見せつつあるスマートスピーカー業界。現状では、各機種ともに様々な問題を抱えており、一般家庭に普及するまではまだまだ時間がかかりそうだと言ったところが率直な印象だ。しかしながら、各社ともに精力的に機能増強を提供しており、今後の業界の変化にも注目していきたい。日々、こうした進化を楽しむことができると言う観点で見れば、スマートスピーカーを今のうちに買って進化を目の当たりにするのも決して悪くはないと筆者は考える。何れにしても、今後各社がどのようにスマートスピーカーを市場に展開していくのかを含めて、業界からは目を離せないだろう。
Galaxy Note8は今年のベストデバイスといっても過言ではない:週刊モバイル通信 石野純也
iPhone X発売のバタバタに巻き込まれてしまい、すっかりレビューが遅くなってしまいましたが、10月26日に発売された「Galaxy Note8」を購入しました。ドコモ版です。発売から2週間とちょっと経ちましたが、使い勝手が非常によく、今年のベストデバイスと呼んでも過言ではないほど、満足しています。今回は、その使用感をお届けします。 ▲発売日に買った「Galaxy Note8」 日本では紆余曲折あり、2014年に発売された「GALAXY Note Edge」以来(しかも当時はまだGALAXYが全部大文字でした)、約3年ぶりになってしまったGalaxy Noteシリーズ。その間、XperiaやSシリーズのGalaxyなど、さまざまなスマホをメインで使ってきましたが、やはりSペンがないのが、どうしても不便だと感じていました。 ▲発火、回収騒動で欠番となってしまった「Galaxy Note 7」 ▲日本での発売が見送られてしまった「Galaxy Note 5」 スマホのフリック入力は確かに今のホームファクターを考えると合理的で、オッサンになってしまった筆者でも、それなりにスピーディには打てますが、やはり手書きの方がメモを取るなら速いのも事実。所作として、仕事をしてる感も出るため、立ちながら人の話を聞く囲み取材や展示会取材などに重宝します。Galaxy Note8に切り替えてから、さっそくSペンは大活躍しています。 ▲Sペン内蔵は最大の特徴で、この端末を買った理由の1つ ▲急いで書いているため字が汚いが、囲み取材のメモもしっかり残せた ▲ペンを抜くとショートカットが出るのも便利。筆者はGalaxy Noteの代わりに、Sノートを割り当てた ただ、Note不在の3年の間に、iPad ProでApple Pencilを使うようになったためか、ペンで文字を素早く書いたときのレイテンシーが、やや気になるようになってしまいました。特に、字画の多い漢字を書くときに、線の追従がわずかに遅れてしまうため、速く書こうとすると字が崩れてしまう印象があります。わずかといっても、秒数にすると0.1秒あるかないかといったところですが、ペンと紙を再現するには、それでも致命的。 実際、240fpsのスローモーション動画で字を書く様子を撮ってみると、ペンの動いたあと、線がそれを追いかけていることが分かります。確かにGALAXY Note Edgeのころより、スペックは上がっており、スキャンレートが360Hzになったり、検知できる筆圧が4096段階になったりと、書き味はよくなっていますが、もう一段の進化がほしいところです。ただ、それでも、ペンを内蔵したスマホは、Galaxy Noteシリーズ以外にはなく、ほかには代えがたい存在。だからこそ、書き味の進化については、今後のアップデートに期待したいところです。 ▲「石野純也」の「純」を書くあたりからスローモーションになるが、よく見ると、線の追従がワンテンポ遅れている。動画はiPhoneの240fpsモードで撮影 ▲iPad Pro 10.5のApple Pencilは、ほぼ完ぺきに線が追従する もちろん、Sペンだけが、Galaxy Note8の売りではありません。当初の期待以上だったのが、カメラ機能。Note 8の前は、Galaxy S8+を使っていたので、メインのセンサーやレンズは変わっていないことになります。これに対し、Galaxy Note8はデュアルカメラになっていますが、「望遠がついてデュアルになっただけでしょ」とタカをくくっていました。トレンドになっている2眼に、とりあえずキャッチアップしたように思えたからです。 ▲期待以上によかったデュアルカメラ ところが、実際に撮ってみると、2倍ズームのありがたみがよく分かります。たとえば、料理を撮るときも、ちょっと離れたところから撮影できるため、影が映りません。街中の写真を撮ったりするときも、わざわざ被写体に近づく必要がなくなり、撮影がしやすくなりました。それ以上に、「ライブフォーカス」の性能の高さに関心しています。 ▲近づくと影ができてしまう料理を撮るときに便利 ▲横断歩道を渡らなくても、建物に寄った撮影ができた ライブフォーカスとは、いわゆる背景ボケを作る機能で、デュアルカメラ搭載スマホでは一般的ともいえます。このボケがキレイに出ていて、人物を撮ったときに、境界をうまく見分けてくれます。さすがに一眼レフで絞って撮ったときのような自然さまではいきませんが、かなりの精度であることは確かです。また、広角側で撮った写真が同時に保存されているのも、おもしろい機能といえるでしょう。後から見返したときに、人物の周りには、こんなものがあったのかという発見もあります。 ライブフォーカスで撮った人物。背景がキレイにボケており、かなり深度を正確に捉えていることが分かる ▲撮ったあとで、ギャラリーから広角と望遠を切り替えることが可能 iPhone Xにも採用され、ハイエンドスマホでは当たり前の存在になりつつある縦長ディスプレイも、使い勝手がいいと感じています。当初はGalaxy S8+より大きな6.3インチになったため、片手使いは難しいかと思っていましたが、頑張れば(笑)なんとか操作はできます。右手で持ったときの対角にあたる、左上をタッチするのは難しいものの、画面右上から下にかけてはきちんと触ることができるため、意外と両手で持つシーンは多くありません。 ▲持ち方を変えれば、なんとか片手でも操作はできる もうちょっと下に配置してほしいと思いつつも、指紋センサーはギリギリ片手持ちでも指が届くため、通知はこれを使って表示させています。なお、指紋センサーを使って通知領域をスライドさせる機能は初期設定だとオフになっているので、設定を変更してオンにしておくといいでしょう。どうしても片手で操作できないというときは、片手モードを使ってみるという手もあります。 ▲指紋センサーをスライドさせて、通知を下げることが可能 ▲指紋センサーのジェスチャーをオンにしておこう ディスプレイが18.5:9になっているため、2つのアプリを同時に開いたときの収まりもよく、マルチタスクが捗ります。よく使うのは、動画を見ながらTwitterをしたり、Gmailを見ながらカレンダーでスケジュールを確認したりといったシーンですが、こうしたアプリのセットを登録しておける「アプリペア」という機能も便利。2画面表示の使い勝手まで、しっかり考えられている点は評価できます。 ▲画面を2分割した際に見やすいのはメリット ▲2つのアプリを同時に起動できる「アプリペア」 Galaxy S8やS8+にも搭載されているため、改めて触れるまでもないかもしれませんが、時計や通知を常時表示する「Always on Display」や、高速ワイヤレス充電に対応しているのも、便利だと感じるポイント。ワイヤレス充電に関してはiPhoneも対応してきましたが、やはり充電のスピードに関しては、先行して搭載してきたGalaxyに一日の長があります。 ▲「Always on Display」や「急速ワイヤレス充電」も便利 もちろん、パフォーマンスの高さも折り紙つきで、サクサクと動いて快適。RAMが6GBと大容量なためもあってか、アプリの切り替えもスムーズ。下り最大788MbpsのLTE Advancedだけでなく、4つの周波数を束ねて利用する4CAにも対応しているため、通信も快適です。一部、地下鉄の駅間は、構造上、ネットワークのキャパシティを上げにくいためか、時間帯によって通信不能になるほど速度が遅くなることはありますが、こうした例外を除くと、ダウンロードもあっという間に終わります。なお、4CA対応なのは、GalaxyシリーズだとNote8だけ。夏モデルのGalaxy S8やS8+はアップデートでも非対応なため、この点は前モデルに比べた優位性といえます。 発表会では、熱いファンの声が紹介されるなど、発売が待ち望まれていたGalaxy Note8。特に日本では、発火、回収になった「Galaxy Note 7」だけでなく、「Galaxy Note 5」の投入も見送られていたため、海外以上に待ちに待った感が強い端末です。そして、実際、2週間ちょっと使ってみると、それだけ待ったかいがあった端末だといえます。Sペンの反応速度をもう少し上げてほしかったり、Android 8.0に早く対応してほしかったり、改善要望がないわけではありませんが、現時点で最高の端末の1台と太鼓判は押せます。筆者も、買ってよかったと満足しています。
犬特化のペットカメラ「Furbo」にアクション通知機能が追加。映像内の情報を機械学習で識別
Tomofun株式会社は、ドッグカメラ「ファーボ」(Furbo)のアップデートを行い、飼い主が留守にしている際にとった愛犬の行動を通知する新機能を追加しました。 更新によって新たに利用できる主な機能は、愛犬がカメラに映る範囲で起こしたアクションを通知する「スマートドッグ通知」。同機能では、コンピュータービジョンと機械学習の技術を用いて、内蔵カメラに映った愛犬や家族の動きを認識・観察し、撮影した映像に特徴のある動きがあったときに、留守にしている飼い主へ通知を送ります。 具体的には、愛犬が接近した際に自動撮影した様子を送る「ドッグセルフィー通知」、愛犬の動きを観察し、分離不安などの兆候を察知できる「ドッグアクティブ通知」、飼い主の家族など人間が映り込んだ場合に通知をする「ファミリー通知」が利用可能になりました。 【ギャラリー】Furbo (20枚)
2000年の今日、VAIO GTが発売されました:今日は何の日?
おもなできごと ・1939年11月18日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の前身となる「大日本音楽著作権協会」創立 ・2000年11月18日、ソニーがカメラ搭載ミニノート「VAIO GT」を発売 ・2001年11月18日、JR東日本が「Suica」サービスを開始 ・2009年11月18日、デルがユニークなデザインの薄型ノートPC「Adamo XPS」を発売
『Star Wars バトルフロントII』本日発売。土壇場で課金アイテム販売を中止
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』公開を控えたこの冬、一番の大作スター・ウォーズゲーム、『Star Wars バトルフロントII』が一般発売を迎えました。対応プラットフォームはPC、PS4、Xbox One。 前作『Star Wars バトルフロント』で好評だった豪華なグラフィックや多人数オンライン対戦は進化させつつ、絶不評だった『世界に浸ろうにもまともなシングルキャンペーンがない』を反省して、帝国の視点からこれまで語られなかったストーリーを体験できる本格的なキャンペーンモードが大きな目玉のひとつです。 最近の大作ゲームの例に漏れず、ランダムで強化アイテムやキャラクターが手に入るガチャ的なシステム「ルートクレート」(戦利品ボックス)を採用しており、引くにはゲーム内で稼げる「クレジット」か、リアルマネーで購入する「クリスタル」が必要になる、ゲーム内課金制でもあります。 しかし開発元のDICE は一般発売のわずか数時間前になって、このゲーム内課金システムをすべて停止した状態でサービスを開始することを明らかにしました。実際に開始してみると、先行アクセスでは使えたクリスタルの購入メニューが空白になった状態です。 基本無料ではなくデラックス版1万584円、スタンダード版6264円のフルプライス作品ではあるものの、収入源になるゲーム内アイテム課金を発売前の土壇場で無効化するのは極めて異例といえます。
データ取得に失敗しました





データ取得に失敗しました





データ取得に失敗しました










usePocket.com
英国議会報告書が大量のドローン作戦により、潜水艦の時代が終わると報告
カテゴリー:海外・国際・軍事 Keyword:ドローン/
11月18日(土)昨日は「周年・機能・LINE」に関するニュースが多かったようです
カテゴリー:2017年11月カレンダー
日本への観光客の既に15%が民泊利用との調査結果、よく使うのはシンガポール、中国
カテゴリー:社会 Keyword:Airbnb/4K/中国/
ドラゴンボールのブルマ等の声優・鶴ひろみさんが亡くなる
カテゴリー:アニメ・マンガ・ヲタク
オイルカイロまとめ。オイルカイロ発熱量=筋肉6kg分、使い捨てカイロ発熱量=筋肉0.5kg分
カテゴリー:★物欲の神様♪ Keyword:使い捨て/オイルカイロ/計算してみた/
データ取得に失敗しました
memn0ck.com
iPhone notifications on Android Wear by WearADay.
iPhoneなどのiOS搭載機器の通知をスマートウォッチ「A…
The memn0ck.com’s blog has been renewed by WordPress.
Google検索のモバイルフレンドリー( https://w…
ASUS will release the new smartphone “ZenFone 2 ZE551ML” with 4GB RAM in Japan at May 16.
当分は「ZenFone 5」も併売ということで5、4、3、2…
Sony’s new flagship smartphone “Xperia Z4” arrives in Japan on this summer.
昨日は久しぶりに「Xperia Z4」(Sony Mobil…
I bought the new MacBook (12inch retina display 1.1GHz/256GB gold model).
そんなわけで1.1GHz/256GBモデルのゴールドを買いま…





K-MAX BLOG
JAEPO 2014:半恒例行事!会場内のおねいさんやキャラクター達の写真も撮ってきたよ!mini
千葉の幕張メッセにて2014年2月14日(金)および15日(土)の2日間にゲームセンターやアミューズメント施設向けのゲームや専用機...
おねいさん写真撮ってきたよin 東京モーターショー2013mini!!
前の記事と似たようなネタでこんばんわ、河童丸で...
おねいさん写真撮ってきたよin ワイヤレスジャパン2013mini!!
こちらではちょっと間が開いてしまいましたね、イベント取材大好き河童丸です...
スマホをテレビに繋いでみませんか?
変態端末が大好きな変態達による祭典
皆様こんばんわ、河童丸...
29a TODAY
BLOG移行します!
とりあえず、なんとなく、まったくもって いみもなく、移行します。 http://29a-today.com/
[WILLCOM]HYBRID W-ZERO3購入記|黒SIM設定方法
どもももも。 少し間が空きました〜。 忙し気?忙しく無さげ?な29aです。 黒SIM使えるよ、ということで なげっぱなしていたのですが 一応自己フォローというところで 設定方法を書いておきますー (1)スタートメニューから「設定」を選択 (2)「接続」→「接続」 ...
[WILLCOM]HYBRID W-ZERO3購入記[黒SIMは使える?]
なんとなく購入。 愛だろ、愛、ということで。 いや、しかし思ったよりいいです。 これからちゃんとブラッシュアップしてくれるのか。 そこも問題ではあるんですが、 さすがに3年縛りなのに1年もせずに アップデートはもうしないよ、とはならないでしょうし。 (※希...
[雑談]iPadについて
iPadが発表されましたね。 賛否両論あるようですが・・・ 3年前に書いた2年前(つまり5年前)にした雑談でいいたかったのは iPadの想像をしていたからなのですが WindowsVistaもLeopardも ましてやiPhoneもAndroidもない状態で 誰もわかってはくれなかったですね・...
[日記]NHK:めざせ会社の星、出演(ウフッ♪
K-MAXがNHKさんのめざせ会社の星で出演したので報告〜 K-MAXが出演したのが24日00:00(関東)の回。 現在は同ホームページででかでかとK-MAXの文字が見受けられますよw 「ケータイ200%活用術」|前回までの放送|めざせ!会社の星|NHK名古屋放送局 29aも微...
*PIII+LOG*
[blackberry]ぶらっくべりーんが帰ってきた!
こんばんわ! 否...ご無沙汰しております!!w 約3年ぶりにエントリーしてみました。 ネタとしては、それほど珍しくありませんがBlackBerryです。 約3年の間に、色々とエロエロとガジェット類は変わってましたが、こうやってメモに残す程のネタにもならず、twitter辺りに投
[willcom][private]アドエスを里子に。
こんばんわ!すっかり、夏夏〜ナツナツ〜ココ〜夏♪ですね(´∀`)←まだ梅雨d っと、本日のエントリーはタイトルの通りです。 友人のアドエス使いが、本体を落下&大破してしまったらしく、ならば...と、我が家で寝てる子を〜との流れです。 何で今更WM機なの?!と思う方
[docomo]BBB 9900のバッテリードアが届いた!
こんにちわ! 前回と同じ冒頭ですが、例によって今週末も天気が悪いですねぇ。え?...オマエガメズラシクブログヲエントリーシテルカラダ?...って事では無いのを祈るばかりです(;´∀`) 前回と言えば・・・「docomo.blackberry.com」のメアド設定が出来ない件は謎のまま
[docomo]BBB 9900のチャージングポッドが届いた!
コンニチワ! 春なのに、何故か週末は天気悪+寒い日が多いのは何でなんでしょうか?w さて、BBB 9900ですが、モノについては前回のエントリーのとおり、激烈ラブな感じです!! もう、ダルマとか言わせないぜぇw(´ω`) んが、何故だか「docomo.blackberry.com」のアド
[docomo]BlackBerry Bold9000から9900へ
どーもーどーもー! またもや、ごぶサターンですね!(ノ∀`) 2012年に入って、気付いたら年度も変わり、スッカリ春な感じですねぇ。 っと、年末のエントリーどおり、今年いっぱつめは、タイトルの通り! コチラッ!! 本当は発売日に購入ッ!と行きたかったのですが、年末
京ぽんG
テイルエンダーズDVD&Blu-ray発売
再び久しぶりの更新で宣伝です。北海道のクリエイターチーム「ピコグラフ」によるオリジナルアニメ『テイルエンダーズ』のDVD&Blu-rayが2011年1月28日に発売します!Blu-ray限定版には豪華64pブックレットや特典DVD(約58分)付き!
だれとでも定額
1年ぶりくらいの更新。ご無沙汰してます。ここ1年間でウィルコムは色々あったんですが、僕は特に何も。相変わらずWX310Kオレンジの京ぽん2を使ってます。仕事的にはiPhoneも視野に入れた方がいいかなぁと思うのですが…。しかし先日ちょっとだけ変えました。ウィルコムの料金コースを。北海道(とその他3県)限定の「だれとでも定額」ってやつにしました。北海道ではオプション980円で10分×月500回無料です。プランは「新ウィルコム定額プランS」(2年以上ご利用のってやつで)月1450..
TAILENDERS(テイルエンダーズ)
お知らせ。第4回札幌国際短編映画祭にて「TAILENDERS(テイルエンダーズ)」というアニメーションが上映されます。ここ2年ほど制作に関わり、ようやく一段落しました。・プログラムN-A(1プログラム約90分)・10月16日(金)20:00〜21:30・10月17日(土)14:00〜15:30・場所:東宝プラザ 札幌市中央区南2条西5丁目(狸小路5丁目)※詳細はこちらから・上映スケジュール・タイムテーブル・SSF2009 プログラムガイド公開
センコロール
後輩が制作したアニメが上映中というわけで宣伝なのです。ぜひご覧下さい。■CENCOROLL - センコロール 公式サイト■センコロール (完全生産限定版) [DVD](amazon)あと10月28日にDVDも出るそうなので要チェック。僕は誰かに借りようか(←買えよw)■ちなみにこっちの自分が関わったやつも便乗して宣伝しますw「テイルエンダーズ」と言います。10/14〜10/18の札幌短編映画祭で上映予定。
コロプラ再開3ヶ月目
コロプラ日記です。【コロプラ再開3ヶ月目】コロプラを再開してから3ヶ月が経ちました。この間、色々ありました(^^;まず初めての9500人超え、そして第2回札幌オフ会、コロプラ内でのイベントなどなど。今でも毎日数回アクセスして楽しんでおります。終わりもないしまったり気楽な感じがこのゲームの良いとこですね。先月末からはコロわらしも憑きまして、毎日何かしらやってくれます。楽しいです。OC1+人口5000人くらいで安定させて、ロバ化されてもそのままにして別のところに予備アイテムを設置..
なおっきのぶろぐ
なおっきのぶろぐお引越しします
なおっきのぶろぐをお引越しします! 引越し先は http://blog.naok...
30分一本勝負&インターバル
全日本マウンテンサイクリングin乗鞍まで残り10日を切って追い込みも最終段階かな...
SFR4分x5 3本ローラー負荷max
今朝も30分一本勝負&インターバルをやろうと思ったんだけど、 全然掛からず・・・...
今朝は30分一本勝負+インターバル1セット
3本ローラー負荷Lv最大、傾斜角5%、そしてEvolverで。 まずは30分アッ...
乗鞍MAP合宿行ってきた。
マルコADONパンターニ代表がいなくて寂しかったけど・・・行ってきました。 13...
WILLCOM NEWS